aiko4

プラム型で厚い果肉の“アイコ”

最近は家庭菜園でも植えられることが多くなった品種です。

細長いプラム型で、果肉が厚くしっかりと食べごたえがあるので、トマト好きな方に好評です。

アイコ

 

ABCではハウスで水耕栽培で栽培し、1年間安定的に収穫できるように工夫をしています。

5~7月にロックウールに植え付けた苗を1年間育てていきます。

 IMG_2759-2

ABCでは化成肥料に頼らずに大きく成長させるために微生物を培養し

ミニトマトに与えています。甘さの秘訣はそこにあります。

IMG_0340-2

2か月かけて成長した苗を横に伸ばして紐にくくりつけていき

真っ赤に熟れたミニトマトを収穫していきます。

アイコ 房

よく熟れたミニトマトはエボから簡単に取る事ができます。

ABCではしっかりと栄養を吸って真っ赤に熟れた高栄養の

ミニトマトを出荷しています。

 IMG_3069-2

↓ アイコのご購入はこちらから ↓

AGRIブロードカントリーの通販サイト【AGRIBRANDCIRCLE